🇰🇭カンボジアの入国条件概要 22.07.11

🇰🇭観光での入国: ビザ要。カンボジア入国時、旅券残存6か月以上)

※2022年3月17日付で、空港等でのアライバルビザも再開しておりますが、オンライン申請(e-Visa)もしくは大使館・領事館にて事前取得をお勧めいたします。

🇰🇭ワクチン接種: 2回 (英文記載の紙媒体での証明書)

続きを読む

🇹🇭タイの入国入国条件概要 22.06.30(7月1日からタイランドパスは廃止)

🇹🇭観光での入国: (6月30 日まではタイランドパスに登録が必要)

🇹🇭渡航前の検査: 規定のワクチン接種済の場合、不要
(ワクチン規定回数未満の場合は、:出発前72時間以内のPCR検査と陰性証明書の原本)

🇹🇭入国時の検査: なし

続きを読む

🇵🇭フィリピンの入国条件概要 22.05.31

🇵🇭観光での入国: (既定のワクチン接種完了者のみ)

日本を含むビザ免除国は、観光目的の30日以内滞在はビザ免除
ワクチン接種が完了していない外国籍者は、入国が認められません
(親に同行する12歳未満の子供は除く)

🇵🇭渡航前の検査: 3回(ブースター)接種者は免除

 2回接種は要(出発前48時間以内に実施した RT-PCR検査等)
続きを読む

[海外]日本入国の規制一部緩和。条件により入国時の検査不要に。

2022年6月1日午前0時(日本時間)以降、出発の国やワクチン接種回数により、日本入国時の検査の免除等がなされます。

※渡航先現地にて、日本帰国便の搭乗72時間前以内の検査(陰性証明書)は、継続して必要です。

詳細は以下に掲載しています。

>>日本及びアジア各国の入国検疫条件

 

[お知らせ] コロナ対策に「抗原検査キット」ご用意しています

コロナの感染拡大予防対策の一環として、所要時間約15分程で結果が出る「抗原検査キット」をご用意しています。

TOAMIT「新型コロナウイルス抗原検査ペン型デバイス」

・1回分 1,650円(税込)
・10回分セット 15,000円(税込) ※送料別

最新のペン型オールインワン抗原検査キット
検体が第三者に触れたり、外部へ飛散するリスクが極めて少ない構造です。未使用の検体が残ることなく、使用したキットはひとまとめに廃棄可能なので非常に便利です。

特殊な装置や専門知識も必要ありません。唾液を採取するだけ。約15分程度で検査結果がすぐわかります。
理論上、試薬の精度は約99.4%であり、高精度で検出が可能です。

 

 

コロナウイルスの検査には、現在主に3種類あります。
・PCR検査
 ウイルス遺伝子を増幅させて検査する一番精度の高い検査法です。

・抗原検査
 ウイルス特有のタンパク質を検出する検査です。 よく病院で行われる一般的なインフルエンザの検査法が抗原検査です。
 PCRに比べれば、やや精度は落ちますが、簡単に早く結果が出ます。

・抗体検査
 ウイルスに感染した後にできる抗体(タンパク質)を検出します。
 過去に感染したかを調べる検査とも言えます。

今回、弊社で取り扱うのは、コロナウイルスの「抗原検査キット」です。
旅行ならずとも、出張、企業団体でも、ご利用いただけますので、ご要望があれば、お問い合わせください。

 

 

[ベトナム] 6月下旬にもベトナムに邦人渡航再開へ、ビジネス関係者から。

 日本政府は、新型コロナウイルスによる出入国制限の緩和措置の第一弾として、6月下旬にもベトナムへの渡航を再開させていく方針であることが、マスコミ各社から報じられました。

 当初は、試験的にビジネス関係者(最大250人)を対象としたチャーター機を運航。

>>>続きを読む(ベトナム旅行サイト)

[お知らせ] 営業時間変更のお知らせ(10/1より)

 平素より弊社をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。現在、下記の通り、短縮にて営業をしております。
   
■短縮営業時間 月~金 10:00~17:00まで

なお、現在も店頭での業務は休止しております。お急ぎ以外の要件は、  お問い合わせフォーム よりメールにてご連絡ください。

お客様には、ご不便をおかけいたしますが、何卒、ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。