韓国旅行

日本及びアジア各国の入国検疫条件

 ついに東南アジア方面から、海外旅行の門戸が開き始めました! 日本及び主なアジア取扱地域の入国条件概要の一覧をまとめています。
(随時、更新しておりますが、各国大使館等のページで最新情報の入手にも努めてください)
【掲載国】日本、韓国、ベトナム、カンボジア、フィリピン、シンガポール、インドネシア、タイ、インド(中国、香港、台湾は観光不可)


韓国旅行専門サイト」をご用意しております

韓国旅行専門サイトへ
韓国旅行専門サイト

PICK UP! ~韓国旅行サイトから


韓国旅行のおすすめポイント

ソウル景福宮 衛兵交代式 日本で一番近い外国。
 一昔前ならソウルで焼肉、エステ、ショッピングが定番でしたが、今は多種多様。韓国料理の幅も広がりました。
 百済の遺跡、仮面劇の安東、世界遺産の街・慶州、済州島はゴルフ場も良質で、楽しみはいろいろです。
 時折、外交的な問題もおきますが、民間レベルでの交流も深く、依然と根強い人気があります。
(→韓国旅行サイト「おすすめ韓国」

1.何と言っても韓国料理
韓国料理 焼肉カルビ 「医薬同源」という言葉もあるほど、バランスよく、体にもいいのが韓国料理。
 種類も豊富。決して焼肉や辛い物ばかりではありません。おなじみ参鶏湯や、サムギョプサル、鶏まるごと一羽を煮込むタッカンマリなどがあります。カンジャンケジャン(ワタリガニの醤油漬け)も韓国ならでは、日本人にも人気の味です。
(→韓国旅行サイト「おすすめ韓国料理」

2.歴史、文化、世界遺産
韓国旅行 公州 公山城  古来より、百済、新羅など、韓国との関わりは深く、歴史や文化でも、日本との関連があるものも多いです。世界遺産に登録されている史跡も多く、日本の陶磁器のルーツも韓国にあります。
 似ている部分も多くありますが、一方、南北分断という痛みを負い、民主化されたのも1980年代後半になってからのこと。近くても違う国。それが韓国です。
(→韓国旅行サイト「百済歴史の旅」
3.一味違うレジャーアイランド済州島
韓国旅行 済州島 ソウルとは全く異なり、のんびりムードの済州島。
 観光に食事、ゴルフや射撃などのレジャーも充実。例えば、ゴルフ組と観光組に分かれての手配も可能です。社員旅行、慰安旅行にもおすすめです。
 春の菜の花、離島の牛島、世界自然遺産にもなっている漢拏山をはじめとする火山群や洞窟…済州だから味わえる旅があります。
(→韓国旅行サイト「済州島」

韓国の魅力は、まだまだいっぱい。詳細は以下でご紹介しております。

韓国旅行専門サイト

 韓国旅行のおすすめ

お問い合わせ

TEL.03-5812-7080 FAX.03-5812-7085
営業時間:平日(月~金) 9:30~18:00
お問い合わせフォーム

韓国新着情報

🇰🇷韓国の入国条件概要 22.09.30

🇰🇷観光での入国: 観光ビザ免除中! (暫定2022年10月31日まで)

搭乗72時間前までに、サイトまたはモバイルアプリで「K-ETA」(電子旅行許可制度)へ登録
https://overseas.mofa.go.kr/jp-ja/brd/m_1106/view.do?seq=758537&page=1

詳しくは「大韓民国大使館」ホームページでご確認ください。

(さらに…)

🇰🇷韓国 観光ビザ免除10月31日まで延長
 この夏8月期間限定で免除されていた韓国の観光ビザでしたが、さらに9月1日~10月31日までビザ免除が延長となりました!
 
【参照】韓国大使館「無査証入国延長のご案内」
 
搭乗72時間前までに、サイトまたはモバイルアプリで「K-ETA」登録(電子旅行許可制度)は必要です。
 
また、9月3日からは韓国入国前(日本出発前)のコロナ検査は不要になると報道されています。韓国入国後1日以内のコロナ検査は継続されます。
🇰🇷韓国 8月期間限定でビザ免除に!
大変混雑している韓国ビザ申請ですが、8月4日~31日期間限定で、韓国ビザが免除されることになりました。
搭乗72時間前までに、サイトまたはモバイルアプリで「K-ETA」登録(電子旅行許可制度)のみでOK!
 
ただし入出国には両国の定める検査等は、引き続き必要です
 
詳しくは韓国大使館のHPでご覧ください。
 
› 続きを読む