平渓天燈節

 台湾旅行で1度は訪れたい「平渓天燈祭(天燈節)」。
 台北から東、新北市平渓(ピンシー)郷の小さな山里に、夜空に舞う天燈を見に、毎年、数万と言われる人たちが集まります。

夜空に飛ぶスカイ・ランタン「平渓天燈祭」

台湾旅行 平渓天燈祭
(写真提供:台湾観光局/台湾観光協会)
 気球の原理と同じく作った天燈(テンダン)を上げ、その年の願いを書き込み、夜空に飛ばします。
 夜空に舞い上がる天燈の幻想的な風景に惹かれ、毎年、数万という観光客がこの地を訪れています。
 
 毎年、旧正月の15日(元宵節)に開催されています。


2019年2月19日(火)台北発着 平渓天燈祭現地ツアー★受付開始!

平渓天燈祭現地ツアー 2019年の旧正月15日(元宵節)は、2月19日(火)。この日、平渓郷の十分広場で平渓天燈祭が行なわれます。
 台北市内のホテル発着で、平渓天燈祭に日本語ガイドがご案内。 例年、交通規制が引かれるため、途中、公共のシャトルバスを利用します。

 なお、天燈祭での打ち上げには当日朝から配布される整理券が必要になります。
  1.鑑賞のみの基本コース(会場外での打ち上げ体験はできます)の他、朝から出かけて天燈祭での「打ち上げ整理券」の獲得にチャレンジする2.打ち上げチャレンジコース(先着順32名様予定)があります。

手配可能人数に限りがあるため、お申込はお早目に!
航空券、ホテルも混み合いますので、早々にご予約ください(他社手配でも可)。

2019年2月 平渓天燈祭現地ツアーご案内+お申込書(PDFファイル)

2019年2月19日台北発着 平渓天燈祭現地ツアー
1. 基本コース(鑑賞のみ) 台北市内ホテル発着
 料金 お一人様13,800円(弊社にて航空券とホテル、またはツアー手配の方は11,000円)

・最少催行人員 15名様以上(混載車利用)
 定員になり次第、閉め切ります。昨年も、キャンセル待ち、ご参加いただけない方もいらっしゃいました。お早目にお申込み下さい。
■基本コース行程 (現地ガイドがご案内いたします)
2019年
2/19
12:00頃集合(予定)
台北市内のレオフー(六福)、コスモス(天成)、ゴールデンチャイナ(康華)、インペリアル(華國)ホテルのいずれかにご集合(ご集合ホテルは、予定です。後日ご連絡いたします)。
上記、ホテルを出発、混載車で公共シャトルバス乗り場へ。
公共シャトルバス(ご乗車までお並びいただきます)にて、十分へ(約1時間)。
十分を観光、天燈上げ体験。
15:00頃、放天燈祭会場へ。開始時間まで待機(約3時間)。
放天燈祭での打ち上げはできません
18時半頃から2回(予定)打ち上げを鑑賞した後(予定)、シャトルバス(ご乗車まで約30~40分、お並びいただきます。通常、立ち席)にて、台北市内へ。
台北着後、バス停より混載車にて、集合ホテルに送迎(20:30~21:30頃に到着見込)
 食事  朝:× 昼:× 夕:×

2. 打ち上げチャレンジコース 先着順・32名様(予定)

 当日、会場で配布される「打ち上げ整理券」獲得のため、朝から十分に出かけ、配布の列に並ぶチャレンジコースです。先着順で32名様(予定)にご参加いただけます。
 間の時間には、ローカル線の平渓線に乗り、近くの老街の散策とローカル店での昼食も!
※打ち上げには整理券が必要ですが、整理券獲得を保証するものではありません。例年は獲得できておりますが、万が一、整理券を獲得できなかった場合でも、ご返金はありません。あらかじめご了承ください。

 料金 お一人様 17,800円(弊社にて航空券とホテル、またはツアー手配の方は15,000円)
 最少催行人員 15名様以上(混載車利用)
 予定人員  32名様(予定) 打ち上げは1基あたり、最大4名様以内となります。
 ※人数状況はホームページ上で記載します。
 申込締切  定員になり次第、締切。以後、キャンセル待ちとなります。

■打ち上げチャレンジコース行程(現地ガイドがご案内いたします)
2019年
2/19
朝7:15頃(予定)
ゴールデンチャイナ(康華)ホテルのロビーにご集合(※集合時間、場所は予定です)。
混載車で公共シャトルバス乗り場へ。
公共シャトルバスにて、十分へ(約1時間)。
十分到着後、打ち上げ整理券配布の列に約1~2時間並びます(配布開始は11時)
打ち上げ整理券獲得にチャレンジ!
※打ち上げには整理券が必要です。整理券獲得を保証するものではありません。
前半の打ち上げ回で予定しておりますが、獲得できた整理券により、予定より遅い打ち上げ回になる可能性もあります。

●整理券を獲得できた場合
十分のお土産店にて、天燈上げ体験を。その後、平渓線にて、平渓駅または菁桐駅(未定)まで行き、駅周辺の老街で、散策とローカル店での昼食にご案内。
十分に戻り、時間があれば十分瀑布も観光。集合時間に、放天燈祭会場へ。
打ち上げ時間まで待機。
整理券記載の時間で打ち上げに参加後、シャトルバス(ご乗車まで約30~40分、お並びいただきます。通常、立ち席)にて、台北市内へ。
台北着後、バス停より混載車にて、集合ホテルに送迎。
(21:30~22:30頃に到着見込。打ち上げ時間により前後いたします。)

●整理券を獲得できなかった場合
十分のお土産店にて、天燈上げ体験を。その後、平渓線にて、平渓駅または菁桐駅(未定)まで行き、駅周辺の老街で、散策とローカル店での昼食にご案内。
十分に戻り、放天燈祭会場へ。開始時間まで待機。
18時半頃から2回(予定)打ち上げを鑑賞(放天燈祭での打ち上げはできません)。
シャトルバス(ご乗車まで約30~40分、お並びいただきます。通常、立ち席)にて、台北市内へ。
台北着後、バス停より混載車にて、集合ホテルに送迎(20:30~21:30頃に到着見込)
 食事  朝:× 昼:〇 夕:×

参加条件(基本/チャレンジコース共通)

・中学生以上で、体力に自信のある方
 ※当日、行き帰りのバス、会場周辺は、大変な混雑となります。観光には充分な体力が必要です。
・前日、台北市内に滞在していること(当日の台湾入りは不可)
 ※航空券、ホテル、その他の観光等は、別途承ります。ご相談ください。
 (他社で手配していただいても構いませんが、混みあう時期ですのでご注意ください。)
・現地保険加入のため、ご出発の1ヶ月前にはパスポートのコピーをご提出いただきます。
 ご提出いただけない場合には、ご参加いただけず、所定の取消料が発生しますので、ご注意ください。

・現地ツアー取消料
 ・2019年01月10日(木)以降 …現地ツアー代金の 20%
 ・2019年01月18日(金)以降 …現地ツアー代金の 50%
 ・2019年01月29日(金)以降 …現地ツアー代金の100%
 ※日本からの航空券、ホテル、ツアー等の手配分は、別途、規定によります。

・通常、天燈祭は雨天でも決行されておりますが、極度の悪天候で、ホテル出発時点で中止が決定している場合には、以下の代替観光にご案内いたします。天燈祭中止の場合にも、代金の返金はできませんので、ご了承ください。
 
【中止の場合の代替観光】
  混載車にて、各ホテルを巡回、九份、野柳などの郊外観光後、夕方、台北へ。

2019年2月 平渓天燈祭現地ツアーご案内+お申込書(PDFファイル)
※お申込書と代金の受領をもって、お申込み受付となります。

1. お申込書に必要事項をご記入いただき、パスポートのコピー(写真面)とご一緒に、「にこまるツアー」までお送りください。
※パスポートの必要な有効期限(日本籍)は帰国日までですが、多少の余裕はみてください。未取得、残存不足の方は、取得後、送付してください(最終締切は出発の1か月前)

2. 現地ツアー代金を、下記口座にお振込みください。

 ●基本コース(鑑賞のみ)の方  お一人様 13,800円
 ●打ち上げチャレンジコースの方 お一人様 17,800円

 別途、航空券・ホテル等の手配のある方も、一旦、上記代金をお振込みください。値引分は、後日、他の手配代金にて割引させていただきます。

  三菱東京UFJ銀行 上野支店 普通口座 5448455 カ)エイチ エム シー

※お申込書をお送りいただいてから、7日以内にお振込みください。お申込書と代金の受領をもって、お申込み受付となります。
 手配可能人数に限りがあり、例年、ご参加できない方も出ております。ご希望の方はお早目にお申込み下さい。

2018年も打ち上げてきましたー(^○^)

2018天燈祭ツアー 打ち上げ体験
 2018年は3月2日が元宵節。毎年この時期は寒かったり、雨が降ったりするのですが、今年は暑かったです(^_^;)

 まずは十分老街のお土産屋さんで、打ち上げ体験。天燈に願い事を書いて打ち上げ。今年のツアーも成功しますように…
 打ち上げは線路の上で行いますが、平渓線の列車が来るとお店のスタッフの人達がピーッと笛を吹き、線路の横に移動します。
これも十分名物の楽しい光景の一つです(^-^)

 本番の天燈祭会場では、今年もたくさんの国からの観光客や、マスコミなど、すごい人です。
 ステージでは台湾のアーティストが歌を歌ったり、入場するお客様が大画面に映し出されたり、気分もどんどん盛り上がってきます⤴️
2018天燈祭ツアー 打ち上げ会場2018天燈祭ツアー 打ち上げ直前
 そして、打ち上げ‼️

2018天燈祭ツアー 打ち上げ2019年も天燈祭行くぞー

 歓声と拍手とシャッターを切る音の中、ランタンが登っていく幻想的な光景を真下から見ることが出来ましたー!(^○^)

 ちなみに、打ち上げ会場を出てくると、こんな感じ…。今年も大人気でした(^^)
 2019年の元宵節は2月19日(火)です!
2018天燈祭ツアー 混雑ぶり2018天燈祭ツアー 会場外の人並

2017年は10月4日(中秋節)にも開催されました!

 会場は平渓郷の中学校校庭で、元宵節の天燈祭よりも規模は一回り小さめですが、2017年から秋の天燈祭も内外の観光客に開放されることになりました。

「行きたいのは、どれ?」※類似の行事にご注意ください。

平渓天燈祭「平渓天燈祭(天燈節)」は新北市平渓郷(十分)で、毎年、旧正月の15日(元宵節)に行なわれている行事です。
 夜空に1回あたり200基ほどの天燈が一斉に打ち上がります。2017年は秋の中秋節(10月4日)にも開催されました。

天燈祭の打ち上げ整理券「平渓天燈祭」本番内での天燈の打ち上げには、当日現地で配布される整理券が必要です。
 お祭り本番内での打ち上げは全8回。配られる整理券で、参加可能な打ち上げ回が定められます。弊社サイト掲載の「打ち上げチャレンジコース」は、この整理券を当日獲得しにいくものです。

ランタン打ち上げはいつでも単純に「天燈を打ち上げること」自体は、いつでもできます
 お祭り以外でも、平渓線沿いのお土産店で、個々単発に打ち上げることができます。
 また約100~200名ほどの団体となれば、安全な広場で一斉に打ち上げられるようにも対応してくれます。お祭りの日にも、別の場所で打ち上げられたランタンが見えることがあります。

ランタンフェスティバルは別のお祭り「ランタンフェスティバル」は、全く別のイベントです。
 こちらは空に飛ばすランタンではなく、地上に固定です(^_^;)。
 元々はお寺などの提灯状のランタンを集めて灯すお祭りが由来のようですが、今では、各テーマごと人物や動物、キャラクターなどのランタンが多数並ぶ光の祭典となっています。現地では「臺灣燈會」といいます。
 台北、高雄などの各都市が主催のランタンフェスティバルもあります。
>>>「台湾ランタンフェスティバル」

過去の天燈祭ツアーの模様

2017年2月天燈祭の模様

 今年も行ってきました!平渓天燈祭。
 例年を上回る人出となりましたが、打ち上げチャレンジ組も、整理券をゲット。打ち上げに参加していただく事ができました(^^)

2017平渓天燈祭旅行2017年旅行 酉年にちなんだランタン

2016年平渓天燈祭ツアー(打ち上げチャレンジコース)

 2016年は人数限定で初の「打ち上げチャレンジコース」も設定し、天燈祭本番会場で、実際に打ち上げもして参りました~!。疑似体験でも模倣イベントでもありませんよー(^^)

まずは朝一番に十分に出向き、列に並んで、整理券をゲット!打ち上げ時間は1回目を選択。
2016旅行 平渓天燈祭平渓天燈祭整理券

打ち上げまで時間があるので、平渓線で終着駅の菁桐を散策。夕方、集合時間に会場へ…。
打ち上げまで菁桐へいよいよ打ち上げ会場へ

そして、念願の会場での打ち上げ!真下から見る無数の天燈の姿は、やっはり圧巻でした(^^)
天燈祭打ち上げ真下から見るランタン

2015年「平渓天燈祭ツアー」(鑑賞のみ)の模様

 2015年3月5日、小雨日和でしたが、平渓天燈祭ツアー、無事行われました(^^)
 まずは、平渓線路沿いのお土産屋さんで、天燈上げ体験を。
 いつにも増して、人・人・人。
 ツアーの無事成功を祈願して、天燈を上げたのも束の間、電車がやってきちゃいました…(笑)
 その後、会場へ。こちらは、さらに、人の海。場所取りしながら、ひたすら待ちです(^_^;)
 やがて日が落ち、いよいよ開始。
 夜空に200基近くの天燈が上がる光景は、とても幻想的!圧巻でした。
 帰りも人の波にもまれながら、バス停へ。。。ご参加いただいた皆様も、お疲れ様でした(^^)
2015平渓天燈祭ツアーツアーの成功を願って…空飛ぶ天燈平渓線きちゃいました天燈祭十分会場へ会場は人の海いよいよ天燈祭本番平渓天燈祭打ち上げ夜空に飛ぶランタン

「十分」の天燈の歴史

台湾旅行 十分 天燈上げ 台北の東に向かって車で約1時間ほどにある、静かな山里、平渓の「十分」。
 普段から、観光客向けに、天燈上げができるようになっており、地元台湾の観光客にも人気のスポット。天燈は1.5m程の気球状のランタンで、下の火種に火をつけて飛ばします。

 この十分での天燈は、そもそも年末年始の時期に増える盗賊から身を避けるため山に逃げていた村民に、家の番をしていた使用人たちが、小正月を過ぎた頃、安全を知らせるために飛ばしていたと言われています。それが、やがて小正月の行事として、この地に定着していきました。

 この天燈を有名にしたのは、十分に住む胡民樹さん。小さい頃から天燈作りに興味をもち、創意工夫を重ねていったそうです。昔は今の半分程度の大きさだったそうですが、やがては今の大きさのものが飛ばせるようになりました。
 1993年、胡さんは、この地の天燈文化を残そうと有志を集め、小正月に100近い天燈を一斉に飛ばしました。
天燈の打ち上げ ところが、これがメディアの目に留まり、一躍、有名に。翌年の1994年には大勢の観光客が集まり、村の交通はマヒするほど、食事提供もできなくなってしまったそうです。
 以来、年々規模が拡大していきました。現在、平渓の天灯祭りは、観光局によって台湾三大ランタンフェスティバルの一つに指定され、台湾を代表する文化的行事となっています。

【 お断り】記載の現地ツアーでは、祭内での打ち上げはできません。また真下付近では見学できません。

平渓天燈節」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: [観光] 平渓天燈祭、2017年は10月の中秋節にも開催! | 台湾旅行おすすめ|にこまるツアー

コメントは受け付けていません。