台南・烏山頭水庫

 台南は近代台湾の発祥の地。台湾の歴史の流れ、独立へと導いた鄭成功関連の史跡も多くあります。
 日本との関わりも深い土地の一つです。郊外には、八田與一が設計した烏山頭水庫もあります。新幹線の駅もあり、台北からも訪問しやすくなっています。

台南で一番古い史跡「赤崁楼」

台南観光 赤嵌樓  赤崁楼(赤嵌樓・せきかんろう)は、1652年にオランダ人がプロヴィンシア城(「普羅民遮城」)として建設。漢民族の間では「赤崁楼」「紅毛樓」とも呼ばれていました。1661年に鄭成功がこのプロヴィンシア城を攻略、オランダ勢力を排除すると、「東都承天府」として政治の中心となりました。
 1862年に地震により建物は全壊しますが、19世紀後半には再建。日本統治時代にも修復工事が行われ、病院、また医学生の宿舎として利用されました。戦後も度々修復工事が行われ、現在は国家一級古蹟に指定されています。

台湾最古の最高学府「台南孔子廟」

おすすめ台南 孔子廟  台北にも孔子廊はありますが、こちらが台湾最初の孔子廊、当時の最高学府になります。
 鄭成功がオランダ勢力を台湾から排除し、翌年それを継承した鄭経は教育事業に力を入れます。1665年に創建、「全台首学」と掲げられ、いわば台湾初の国立大学でした。

 300年に渡る歴史の中では、時代の変遷とともに改修工事も行われてきましたが、当時の建築文化の面影は色濃く残されております。

台湾の英雄 鄭成功を祀った延平郡王朝

おすすめ台南 延平郡王朝  台湾を占拠していたオランダ勢力を排除し、台湾独自政権を樹立させた鄭成功の功績を称え、1662年に創建、当時は「開山王廟」と名づけられました。その後、1875年に、清朝の大臣・沈葆禎によって福州式建築の新しい祠が建てられました。

 日本統治時代には、開山神社となり、一部、神社形式も取り入れらますが、本殿はそのまま使用されていました。戦後、中華民国政府によって、鉄筋コンクリート製で中国北方式建築に改築、その後、1985年に開山王廟当時の福州式で再び改築されています。
 ちなみに彼の母親は日本人で、7歳まで平戸で過ごしていました。
 

【台南】烏山頭水庫と八田與一記念館

台南郊外観光 烏山頭ダム  戦前、先進的な大規模ダムと灌漑システムを造り上げた日本人土木設計者、八田與一。日本ではあまり知られていませんが、台湾では有名な人物です。
 このダムによって、土地に塩分が多く、干ばつも多かった嘉義から台南にかけて広がる嘉南平野一帯の農業用水を確保、台湾でも有数な穀倉地帯へと変えたのです。
 今でも慰霊祭が行われ、多くの台湾人たちも参列しています。


八田與一銅像 Photo:Ellery (CC)
 日本統治時代の1930年(昭和5年)に、八田與一によって計画設計された烏山頭水庫(烏山頭ダム)は、コンクリートを使わず、粘土・砂・礫を使用した工法によりダム内に土砂が溜まりにくく、現在でも世界三大水利工事プロジェクトの1つと称えられています。
 1942年5月、陸軍の命令によって、フィリピンの灌漑調査のため、広島から出港しましたが、アメリカ海軍の潜水艦に撃沈、亡くなってしまいました。
 台湾では、特に高齢者を中心に八田の業績を高く評価しており、與一の命日である5月8日には烏山頭ダムで慰霊祭も行われています。
 現在、烏山頭ダムのそばには、八田與一の銅像や墓、記念館も立っています。