インド旅行おすすめ|にこまるツアー

インド旅行専門店のおすすめ

TEL.03-5812-7080 FAX 03-5812-7085


〒110-0016 東京都台東区台東4-30-8 宮地ビル本館7F


(株) HMC 東京都知事登録旅行業第3-3609号

宮殿ホテルに泊まる10日間

一度は体験したい!超豪華・宮殿ホテルに泊まるマハラジャな旅

宮殿ホテル滞在 デリー、ウダイプール、ジョードプール、ジャイプール
※オーダーメイドの手配例ですので、行程、滞在ホテル、泊数はアレンジ可能です。
インド旅行おすすめ 宮殿ホテル

 これもインド旅行ならではの醍醐味!?
 マハラジャの邸宅を利用した宮殿ホテルを巡ってみませんか?
 デリーで2泊した後、インド色の濃いラジャスタン州へ。ジャイプールのランバーグ・パレスなど、土地の藩主であるマハラジャたちが建てた豪華宮殿をホテルにしたヘリテージホテルに滞在します。
 決して見た目の豪華さだけではなく、最高のホスピタリティで迎えてくれます(^^)

マハラジャたちが多く残るラジャスタン州

ラジャスタン州地図 インド最大の面積を誇るラジャスタン州。
 その語源は「ラージプートの土地」という意味ですが、「ラージプート」とはインドの正統的な戦士集団の子孫たちを意味しています。起源は中央アジアの騎馬遊牧民のようですが、この土地の民族と融合、土着していきながら、勢力を拡大していきました。
 彼らは主にヒンドゥー教徒で、イスラム勢力のムガル帝国の支配にも抵抗しましたが、ムガル3代皇帝アクバルが、マハラジャたちによる統治を一部認める政策を取ったことで、多くのマハラジャたちの勢力、権力も維持されることになりました。

見た目、価格以上の価値がある宮殿ホテル

ラジャスタン州の宮殿ホテルおすすめ ラジャスタン州には、各地それぞれのマハラジャごとに特徴ある街並みとともに、その宮殿を利用した歴史的なヘリテージホテルが多く点在しています。
 宮殿ホテルの魅力は何といってもそのエキゾチックな建築様式。単に豪華なだけでなく、その地方独特のデザインは訪れる人を魅了してくれます。また、見た目以上に、そのホスピタリティも素晴らしく、まさに気分はマハラジャ!
 ホテルとは別に、ジャイプールのシティパレスのように、現在もマハラジャが暮らしている宮殿もあります。

※各宮殿ホテルの室内写真の内装、間取り等は、お部屋ごと、カテゴリーによっても異なります。

【ウダイプール】タージ・レイク・パレス

ウダイプールの宮殿ホテルおすすめ
 湖に浮かぶこの宮殿はジャガット・シン2世により1746年に建てられました。白大理石が月の光を浴びてきらめく様子はまるでおとぎ話のよう。湖岸からボートに乗ってホテルへ近づくと、その美しさに圧倒されます。
 王族の避暑地として利用されていましたが、現在はホテルとして、世界の著名人を魅了しています。
タージレイクパレスタージレイクパレスの部屋

【ジョードプル】ウメイド・バワン・パレス

ジョードプルの宮殿ホテルおすすめ
 砂岩と大理石を使い15年の歳月をかけて造られ、1943年に完成したマハラジャの宮殿。
 伝統的なラージプート様式とヨーロッパのアール・デコ様式を融合させたスタイルは、イギリスの建築家ヘンリー・ランカスターによるデザイン。当時の王子、ウメイド・シンが21歳のときに命じて造らせたこの宮殿は、現在も一角に王族が暮らしており、ホテルと博物館として利用されています。

ウメイド・パワン・パレスウメイド・パワン・パレス室内

【ジャイプール】ランバーグ・パレス

ジャイプールの宮殿ホテルおすすめ
 もともとは王妃がお気に入りだった侍女のために建てた邸宅で、その後迎賓館やハンティングロッジが増築され、1957年にマハラジャがホテルへ転換したものです。
 イスラム様式と伝統的なラージプート様式の優れたところを集めて建てられています。客室内のインテリアも部屋ごとにこだわりがあり、王族の繁栄を物語っています。広大なムガルスタイルの庭園には孔雀が舞い、鳥たちも訪れます。街の喧騒を離れ、極上の時間が流れるまさに楽園。
ジャイプール宮殿ホテルのプールランバーグ・パレス室内

【体験記】家族でスペシャルな旅を!宮殿ホテル宿泊、4都市を巡る 2015年3月

宮殿ホテル体験談
実際に宮殿ホテルに滞在したお客様の体験談です。
(このページのサンプルコースとは別行程です)

「家族でスペシャルな旅がしたい」と、歴史を感じるヘリテージホテルに宿泊、ボリウッドでインド映画を生で感じたい、インドの民族衣装サリーやパンジャビドレスのオーダーメイド、そして孤児院のご訪問など、内容もスペシャルなオーダーメイド旅行です。

宮殿ホテルに泊まるデリーとラジャスタン州 8泊10日 

※こちらはオーダーメイド旅行のサンプルプランです。行程、滞在ホテル、観光場所はアレンジできますので、ご相談ください。

日次 スケジュール 
1 成田
デリー
直行便にて成田空港よりインド デリー空港へ
着後ホテルへご案内
夕食はホテルにて
ホテル タージパレスまたはタージマハル(デリー泊)
食事 [機内食] 夕○
2 デリー
朝食はホテルにて。
午前 デリー市内観光
世界遺産クトゥブミナール、ロータス寺院の観光。
昼食はホテルもしくは市内レストランにて
午後  ガンジーが荼毘に付されたラージガート(入場)とインド最大のモスク「ジャマー・マスジッド」(入場)、インド門と官公庁街(外観)、国立博物館(入場)へご案内します。
夕刻 ホテルへもどり、夕食。
ホテル タージパレスまたはタージマハル(デリー泊)
食事 朝○ 昼○ 夕○
3 デリー



ウダイプール
朝食はホテルにて。
午前中、自由行動。宮殿ホテルで、ごゆっくりお過ごしください。
昼食はホテルまたはレストランにて。
午後、国内線にて、湖の街「ウダイプール」へ
到着後、マハラジャの作った湖「ピチョラー湖」にてボート体験をおたのしみください。
夕刻  ホテルにて夕食
ホテル タージレイクパレス(ウダイプール泊)
食事 朝○ 昼○ 夕○
4 ウダイプール
朝食は、ホテルにて
終日 ウダイプール市内観光
マハラジャの宮殿シティパレス、ファテーサガル湖、ジャグディーシュ寺院、侍女たちの庭園(サヘリヨン・キ・バーリー)へご案内します
昼食・夕食はホテルにて。
ホテル タージレイクパレス(ウダイプール泊)
食事 朝○ 昼○ 夕○
5 ウダイプール

ラナクプル
ジョードプル
朝食はホテルにて。
午前 専用車にて、ブルーシティ「ジョードプル」へ(約6 時間、260km)
途中 ラナクプルのジャイナ教寺院を見学します。
夕刻 ジョードプル着。ホテルへご案内
夕食はホテルにて
ホテル ウメイドバワンパレス(ジョードプル泊)
食事 朝○ 昼○ 夕○
6 ジョードプル


朝食 ホテルにて
終日 ジョードプル市内観光
世界遺産メヘラーンガル砦、マハラジャの墓病「ジャスワント・タダ」を観光、また活気あふれる地元バザールをご案内いたします。
昼食、夕食はホテルにて。
ホテル ウメイドバワンパレス(ジョードプル泊)
食事 朝○ 昼○ 夕○
7 ジョードプル

プシュカル
ジャイプール
朝食 ホテルにて
午前 専用車にてピンクシティ「ジャイプール」へ向います(約7 時間 320km)。
途中、ヒンドゥー教の聖地「プシュカル」を訪れます。
夕方 ジャイプール到着。
夕食はホテルにて。
ホテル タージランバーグパレス(ジャイプール泊)
食事 朝○ 昼○ 夕○
8 ジャイプール
朝食はホテルにて。
終日 ジャイプール市内観光。
世界遺産アンベール城、現在もマハラジャの住むシティパレス、世界遺産ジャンタルマンタル(天文台)、風の宮殿をご案内、また地元バザールへもお連れします。
昼食、夕食はホテルにて。
ホテル タージランバーグパレス(ジャイプール泊)
食事 朝○ 昼○ 夕○
9 ジャイプール
朝食はホテルにて
午前 専用車にてデリーへ(約6 時間、265km)。
午後 デリー着後、地元バザールまたはショッピングモールにてフリータイム。
夕方 デリー空港へお送りします
夜 デリーから空路、成田へ。
ホテル (機内泊)
食事 朝○ 昼○ 夕×[機内食]
10 成田 朝 成田空港着。

食事 [機内食]

オーダーメイド手配 参考価格

※料金は、利用便、ホテル、ご人数、時期、内容、出発地などにより、大きく変わります。
 正式には、お見積いたしますので、お問い合わせください。
上記日程表の内容 
成田出発 日本航空利用・エコノミークラス
宮殿・ヘリテージホテル 2名様1室ご利用(部屋タイプ指定なし)
日本語ガイド+専用車(ガイド・ドライバーチップ別途)観光・食事付

2016年 10月~2017年3月(平日) 参考価格 お一人様あたり
 2名様でのご旅行 約78~80万円 4名様でのご旅行 約75~78万円 
 (空港諸税・燃油等別 2016年9月参考 約8,800円)