インド旅行おすすめ|にこまるツアー

インド旅行専門店のおすすめ

TEL.03-5812-7080 FAX 03-5812-7085


〒110-0016 東京都台東区台東4-30-8 宮地ビル本館7F


(株) HMC 東京都知事登録旅行業第3-3609号

[観光] タージマハル修復工事状況~一時中断、足場も外れる(2017.08.05時点)

[観光] タージマハル修復工事状況~一時中断、足場も外れる(2017.08.05時点)

 アグラ・タージマハルの修復工事、2017年8月5日時点の状況です。

 カバー・足場が外れ、修復作業を一時中断しています。完了したということではないようです。もしかすると8月15日のインド独立記念日を控えてのことかもしません(未確認)。
 
 時期をみて再度修復作業に入る可能性がございますが、現段階でいつ頃再開されるか等詳しい時期は未定となっております。
 
 写真は、8月5日撮影のものです。

タージマハル工事20170805タージマハル工事170805-2

(現地情報・写真提供: VAISHALI TRAVELS )

 アグラ・タージマハルの修復工事、2017年7月18日時点の状況です。

 7月16日頃より、正面中心部分も修復作業が始まったそうです。中心部分修復作業がいつまで続くかは現時点では未定とのこと。
 背面側の修復作業は終了しているとのことです。

 写真は、7月18日時点の正面側を撮影したものです。

タージマハル工事20170718 タージマハル工事20170718

(現地情報・写真提供: VAISHALI TRAVELS )

  アグラ・タージマハルの修復工事、2017年7月3日時点の状況です。

 先月より廟正面の左側部から組まれた足場が、右側にも組まれました。

 時期は未定ですが、こちらの修復作業終了後に、廟中心部分の作業に入るとみられております。

 タージマハル修復20170703(現地情報・写真提供: VAISHALI TRAVELS )

 アグラ・タージマハルの修復工事ですが、現地より2017年6月12日現在の情報が入りました。

 以前より、正面から見て右側前方のミナレット1本、及び左側後部分の作業を行われていましたが、先週より左側正面部分、および正面右側下部でも修復作業が開始されました。

12JUN2017-3b タージマハル工事170612

 インド的な作業のため、時期は未定ですが、こちらの修復作業終了後、廟中心部分の作業が始まるとみられております。ドーム部分修復作業が始まると、約1年はかかる予定で、その間、中心部分がカバーで覆われることになる模様です。

(現地情報・写真提供: VAISHALI TRAVELS )

 

« »