[観光] ソウル駅高架道路が、遊歩道「Seoul路7017」としてリニューアル

 ソウル駅の東西を結んでいた車道橋が、歩行者専用の遊歩道にリニューアル。「Seoullo7017(ソウル路7017)」として、2017年5月20日に一般開放、オープニングセレモニーも行なわれます。

 名称の「7017」は、1970年に造られ、2017年に新しく生まれ変わったという意味。元々はソウル駅の東西を結ぶ高架橋として建設されたもので、2015年末から補修・改良工事が始まりました。今回のリニューアルにより、ソウル駅を中心に東側は南山歩道橋、会賢駅、西側は青坡洞・中林洞など17の陸橋につながりました。

 ソウル路7017の上からは、ソウルの街並みが見わたせると同時に、緑化公園的に約24,000本の花と木が植えられ、また展示館や図書館、イベントステージ、夜には幻想的なライトアップも施されます。
 5月20日(土)午前10時に開通し、午後7時からオープニングセレモニーの他、ライトアップショーや市民合唱団の公演などが行われます。

 

2017年5月15日 | カテゴリー : 観光 | 投稿者 : nikomaru

[観光] 5月、釜山で朝鮮通信使祭り開催。6日に通信使の平和パレードも。

 朝鮮通信使を記念した「朝鮮通信使祭り」が、2017年5月5日~7日、釜山の龍頭山公園や光復路一帯で開催されます。中でもメイン行事となるパレード「朝鮮通信使平和の行列」は、6日午後2時半から行なわれ、約2000人が参加する予定です。

 「朝鮮通信使」といえば、日韓交流の象徴的な存在。
 朝鮮王朝時代、主に徳川幕府に派遣された外交使節。古くは室町末期から始まりましたが、豊臣秀吉の朝鮮出兵を機に中断。やがて、徳川が江戸幕府を開いてから、国交が回復しました。

 江戸時代初の通信使は、1607年(慶長12年)。江戸で2代将軍の秀忠に国書を奉呈し、帰路に駿府(静岡)で家康とも謁見しました。以後、1811年(文化8年)まで計12回(うち最後の1回は、対馬にて)行なわれましたが、両国の財政的理由と幕末の動乱期を迎え、終了いたしました。

朝鮮通信使祭り平和行進(写真:朝鮮通信使文化事業)

■朝鮮通信使祭り

 日時:2017年5月5日(金)~5月7日(日)
 場所:龍頭山公園 光復路一帯

・朝鮮通信使「平和の行列」(パレード)

 日時:5月6日(土)14:30~
 場所:龍頭山公園から釜山観光ホテルまで約1.5キロ

・朝鮮通信使歴史館
 住所: 釜山広域市 東区 凡一洞 380-4
 時間:09:00~18:00 入場料:無料
 休館日:月曜(月曜が祝日の場合、月曜は営業。翌日に休館)、1月1日

 

2017年4月20日 | カテゴリー : 観光 | 投稿者 : nikomaru

[観光] ソウル古宮の夜間特別観覧、2017年1回目は4月16日~27日。

  2017年もソウルの景福宮、昌慶宮では、夜間特別観覧が行なわれます。1回目は2017年4月16日(日)~27日(木)に開催。夜間特別観覧では、昼間の観光とは違う、ライトアップされた華やかな古宮をお楽しみ頂けます。リピーターの方にもおすすめです。

 夜間特別観覧の観覧券は、外国人観光客の場合、景福宮および昌慶宮の各チケット売り場にて先着順で1人4枚まで購入できます。購入時にはパスポートなど、外国人であることを証明するものが必要となりますのでご注意ください。
 
 また、前回までは韓服を着た観覧客は、誰でも無料での入場が可能でしたが、今回からはより快適な観覧のため、上記外国人枠とは別に1日1,000人の人数制限が設けられ、事前にインターネットで予約する必要があります。
 

■2017年古宮夜間特別観覧 (景福宮、昌慶宮)

第1回目

日時:2017年4月16日(日)~27日(木)19:00~21:30(入場締め切り20:30)

  ※景福宮は火曜日、昌慶宮は月曜日が休宮日です。

  ※4月22日(土)は景福宮のみ夜間特別観覧が行われません。

  ※景福宮の敷地内にある国立古宮博物館も夜間特別観覧期間中は閉館時間が21:30まで延長されます。

観覧券:外国人観光客の方は、各古宮のチケット売り場にて先着順で購入できます

  ※外国人用観覧券は、1日に景福宮500枚、昌慶宮300枚販売されます。

  ※購入時パスポートなど外国人であることを証明するものが必要です。

入場料:景福宮3,000ウォン、昌慶宮1,000ウォン

■今後の夜間特別観覧(予定)

・景福宮
 宮中文化祝典期間中:4月29日(土)~5月7日(日)19:00~21:30
 7月16日(日)~7月29日(土)19:30~22:00
 8月20日(日)~9月2日(土)19:30~22:00
 9月17日(日)~9月30日(土)19:00~21:30

・昌慶宮
 宮中文化祝典期間中:4月29日(土)~5月7日(日)19:00~21:30
 5月21日(日)~6月3日(土)19:00~21:30
 6月18日(日)~7月1日(土)19:30~22:00
 7月16日(日)~7月29日(土)19:30~22:00

 

 

2017年4月13日 | カテゴリー : 未分類, 観光 | 投稿者 : nikomaru

[観光] 景福宮の「慶会楼」が特別一般公開、4月~10月まで。

ソウル・景福宮内の楼閣「慶会楼(国宝第224号)」の特別観覧が2017年4月から10月まで実施されます。

慶会楼は、外国使臣の接待や王と臣下が参席する重要な宴会を行うために使用された場所です。
韓国で最も規模の大きい楼閣で、東の方向に景福宮、西の方向には仁王山の風景を望むことができます。

特別観覧は、火曜日を除く平日は1日3回、週末は1日4回、解説ガイドの引率によって行われ、所要時間は約30~40分となっています。
観覧料は無料(景福宮入場料は必要)ですが、電話での事前予約制(当日の予約は不可)となっておりますので、ご注意ください。

景福宮 慶会楼

■景福宮「慶会楼」特別観覧

期間:2017年4月1日(土)~10月30日(月)

時間:平日1日3回(10:00・14:00・16:00)/週末1日4回(10:00・11:00・14:00・16:00)
※火曜日は休館のため特別観覧は行われません

観覧料金:無料(景福宮入場料は別途)

電話予約:+82-2-3700-3904、3905(日本語)
※1回あたり最大100人(韓国人80人、外国人20人)
※観覧希望日の6日から1日前までの予約が必要です(当日予約不可)

 

2017年3月23日 | カテゴリー : 観光 | 投稿者 : nikomaru

[観光] 国立博物館8か所で週1回の休館日を廃止。

 韓国内の国立博物館のうち8か所と、国立現代美術館のソウル館では、2017年より、従来あった月曜などの週1回の休館日が廃止となりました(全ての博物館ではありません)。
 ソウルの国立古宮博物館では年間完全無休に、以外の7つの博物館では1月1日など特定の休館日のみが設定されています。
 特に冬場の観光には、博物館巡りもおすすめですよ(^^) 

 >>>おすすめ韓国「ソウルの博物館をめぐる」

今回、週1回の定休日が廃止された博物館と美術館は以下の通りです。

■年中無休
・国立古宮博物館

■1月1日のみ休館
・国立民俗博物館

■1月1日、ソルラル(旧暦1月1日)・秋夕(旧暦8月15日)のみ休館
・国立中央博物館
・国立現代美術館(ソウル館)
・国立ハングル博物館
・大韓民国歴史博物館
・国立慶州博物館
・国立光州博物館
・国立全州博物館

 ※その他、臨時の休館日が設定される場合もございます。

 

2017年1月13日 | カテゴリー : 観光 | 投稿者 : nikomaru

[観光] 2017年は世界陶磁ビエンナーレ開催。4月24日~ 5月31日まで

韓国の陶磁器の窯元が多く集まる利川、広州。
今年2017年は、2年に1度、世界規模の陶磁器の祭典、「京畿世界陶磁ビエンナーレ」が開催されます。
各国の陶芸家による公募展も行われ、中には、これも陶磁器?みたいな作品もあって、びっくり。

利川セラピアをはじめ、各会場で常設展、企画展が行われ、所蔵作品がご覧いただけます。

2017年 第9回 京畿世界陶磁ビエンナーレ
 
開催期間: 2017年4月22日(土)~5月28日(日) 38日間
会場: 利川セラピア・広州昆池岩陶磁公園・驪州ドジャセサン

>> おすすめ韓国「韓国陶磁器|利川陶芸村・広州」

韓国陶磁器特集 利川・広州

 

2017年1月5日 | カテゴリー : 観光 | 投稿者 : nikomaru

[観光] 今年も到来!キムチ漬けのシーズン。「ソウルキムジャン文化祭」

 韓国では、昔から、野菜の取れない厳しい冬の時期に向け、白菜の収穫に合わせ、家族、近隣で協力し合いながら、一斉に大量のキムチを漬けていました。これが「キムジャン」です。
 
 今でこそハウス栽培や輸入野菜、また食品の保存技術も向上し、生活文化の変化から、縁遠くになりつつあるキムジャンの伝統を残し、紹介するために始まったのが「ソウルキムジャン文化祭」。2016年で3回目となります。

 2016年は、11月4日(金)~6日(日)ソウル広場一帯にて、ユネスコ無形文化遺産であるキムジャン文化を体験し、味わうイベント「ソウルキムジャン文化祭」が行われます。
 ソウル市庁前のソウル広場には、期間中、キムジャンテントが常設され、外国人向けにもキムチ漬けの体験ができるプログラムも用意されているほか、4日には、約1,000人がソウル広場に集まり、一斉にキムジャンを行なうイベントの他、各種プログラム、公演が予定されています。
 
 11月4日~6日にソウルにお越しの方は、ぜひソウル広場も覗いてみてください(^^)

第3回ソウルキムジャン文化祭

日時: 2016年11月4日(金)~6日(日)
※キムジャン分かち合い(ソウル広場) 11月4日(金)14:00、16:00

場所:ソウル広場、世宗大路、武橋路
体験料:無料(一部体験プログラムは有料)
参加方法:現地受付またはホームページより事前予約

ホームページ:http://2016.seoulkimchifestival.com/(日本語あり)

ソウルキムジャン文化祭

2016年10月27日 | カテゴリー : 観光 | 投稿者 : nikomaru

[観光] これからが見頃!ソウルの古宮の紅葉

 すっかり秋らしくなってきましたね(^^)
 韓国文化財庁では、ソウルにある古宮や朝鮮王陵では、これから11月20日頃までが紅葉の見ごろとしています。

 この時期、景福宮では夜間特別観覧や国楽公演、宗廟では宗廟秋享大祭も開催されます。また徳寿宮では、21時まで常時開放され、美しい夜の紅葉を見ることができます。
 ぷらっと古宮内を散歩しながら過ごすのもいいかもしれませんね(^^)

■古宮音楽会(景福宮修政殿)

・昼間公演
 2016年9月1日~10月31日(毎週火曜は休館)
 14:30~15:10
 伝統公演、フュージョン国楽(歌、舞、楽器/ソロ・合奏)

・夜間公演
 2016年9月24日~10月28日(毎週火曜は休館)
 20:00~20:50
 クラシック、フュージョン音楽、伝統公演、混合構成

■第4回景福宮夜間特別観覧(2016年)

日時:2016年09月24日(土)~10月28日(金) ※火曜日は休館
   19:00~22:00(入場締め切り21:00)
外国人用観覧券:当日チケット売り場にて先着順で購入。1日500枚(予定)
※購入時パスポートなど外国人であることを証明するものが必要です
入場料:景福宮3,000ウォン

■宗廟秋享大祭
 2016年11月5日(土)9:30~15:30
 韓国固有の伝統文化であり、ユネスコ世界無形文化遺産である宗廟大祭(5月)の文化的・芸術的価値を、より広く知ってもらうために行なわれます。

■徳寿宮
 入場時間 : 9:00~21:00 (毎週月曜定休)
 ※入場券販売は20:00まで

 

2016年10月21日 | カテゴリー : 観光 | 投稿者 : nikomaru

[観光] ソウル・コリアナホテルにトリプル専用ルームが登場

ソウルのコリアナホテルに、ベッド3台が入ったトリプル専用ルームが、8部屋用意されました。

ホテルを3名様1室でのご利用の場合には、通常、ベッド2台のツインルームに、簡易的なエクストラベッド1台を入れての利用になりますが、トリプル専用ルームであれば、一人1台ずつベッドが利用でき快適です。

コリアナホテルは、明洞から歩くには少し遠いですが、ソウル市庁駅にも近く、地下鉄での移動にも便利な4つ星ホテル。
3名様でのご旅行の際は、ぜひ候補に入れてみてはいかがでしょうか(^^)

コリアナホテル
住所 ソウル市 中区 太平路1街 61

地下鉄1・2号線 市庁駅3番出口から徒歩約4分。
地下鉄5号線 光化門駅1番4番出口から徒歩約6分。

コリアナホテル トリプル

2016年10月13日 | カテゴリー : 観光 | 投稿者 : nikomaru

[観光] 10月8日は「ソウル世界花火祭り2016」

2016年10月8日(土)、ソウルの汝矣島漢江公園にて「ソウル世界花火祭り2016」が開かれます。
韓国だけでなく日本、スペインが参加し、各国の幻想的な花火がソウルの夜空を彩ります。ソウルの夜景と一緒に、花火をお楽しみください(^^)

また、夜の花火ショーに先立って、日中には音楽公演、体験イベント、パレードパフォーマンス、フードトラック、フリーマーケットも行なわれているそうです。

日時:2016年10月8日(土)13:00~21:30(開幕式19:00~19:20)
場所:ソウル特別市 永登浦区 漢江市民公園 汝矣島地区(汝矣島漢江公園)

ソウル花火大会 ソウル花火大会

2016年10月4日 | カテゴリー : 観光 | 投稿者 : nikomaru