インド旅行おすすめ|にこまるツアー

インド旅行専門店のおすすめ

TEL.03-5812-7080 FAX 03-5812-7085


〒110-0016 東京都台東区台東4-30-8 宮地ビル本館7F


(株) HMC 東京都知事登録旅行業第3-3609号

北部インド周遊・避暑地の旅

【夏季限定】北部インド周遊・避暑地の旅 11日間

デリー・アムリトサル・ダラムサラ・マナリ・シムラー・チャンディガール
※オーダーメイドの手配例ですので、行程、滞在ホテル、泊数はアレンジ可能です。

 夏のインド旅行におすすめ。デリーより北、インド北部を巡りながら、中盤は夏場でも比較的涼しい高地の避暑地へと向かいます。
 まずはパキスタン国境近くのシーク教聖地アムリトサルから、ダライラマ亡命の地ダラムシャーラー、高山植物で有名なマナリ、避暑地として人気のシムラ―と巡ったあと、最後に「近代建築の三大巨匠」の一人、ル・コルビジェが手がけた都市チャンディガールにも立ち寄る充実なプランです。

シーク教の聖地 アムリトサル

アムリトサル デリーから約450km。パキスタンとの国境近くにある都市です。
 シーク教徒の総本山である黄金寺院、1919年に起きたイギリス軍による「アムリトサル大虐殺」の現場に造られたジャリアーンワーラー庭園、また夕方、約30kmほど離れたパキスタンとの国境で行なわれる両国衛兵による降旗セレモニーは必見です。
Photo: Ian Sewell [CC BY-SA 2.5], via Wikimedia Commons

チベット文化が息づく ダラムシャーラー(ダラムサラ)

ダラムシャーラー ここから高地になり標高は約1450m、比較的涼しめになります。
 ダラムシャラーは、インド政府が中国から逃げてきたチベット難民の居住域として提供している場所です。1959年にダライ・ラマ14世もこの地に亡命し、亡命政府を樹立しました。日本ではダラムサラと呼ばれることも多いです。中国による民族同化政策が進められるチベット本土より、より純粋なチベット文化が息づいていると言われています。
Photo: Liz Highleyman (Flickr) [CC BY 2.0], via Wikimedia Commons

大自然に囲まれた高地 マナリ

マナリ 標高約2,050mに位置し、大自然に囲まれたインド人にも人気の避暑地の一つです。
 冬場は雪に囲まれてしまいますが、雨季に標高約3,980mあるロータンパス付近に行くと、幻の花と呼ばれるブルー・ポピーを代表とする高山植物が楽しめます。

Photo: Anoop Pandit [CC BY-SA 2.0], via Wikimedia Commons

イギリス統治時代の夏の首都 シムラ―

シムラ― 北インドの三大避暑地の一つに数えられ、イギリス統治時代には、夏の間だけコルカタから首都がこの地に移転されていた場所です。イギリス統治時代の建築物も残っています。

Photo: Bjørn Christian Tørrissen [CC BY-SA 3.0 or GFDL], via Wikimedia Commons

世界遺産登録なるか!ル・コルビュジェの手がけたチャンディガール

チャンディガール ヒマラヤの麓にあたる丘陵地帯ですが、高度は320m程度で、だいぶ気温も上がってきます。
 1947年、インド・パキスタン分離の際、パンジャーブ州も分割された関係で、新たな州都として建設されました。1950年代、フランスの建築家ル・コルビュジエが都市計画したことで国際的に知られており、インドでは珍しい碁盤目状に道路が引かれています。
 ル・コルビュジエは東京・上野の国立西洋美術館の設計も行なっており、「ル・コルビュジエの建築作品」として世界遺産登録も期待されています。
Photo: Raakesh Blokhra (Flickr) [CC BY-SA 2.0], via Wikimedia Commons

北部インドのヒマラヤの避暑地とチベット文化を楽しむ旅 

※こちらはオーダーメイド旅行のサンプルプランです。行程、滞在ホテル、観光場所はアレンジできますので、ご相談ください。

日次 スケジュール 
1 成田
デリー
直行便にて成田空港よりインド デリー空港へ
着後ホテルへご案内
ホテル アショカ・カントリーリゾートまたは同等クラス(デリー泊)
食事 [機内食][機内食] 夕×
2 デリー
アムリトサル
朝 国内線でアムリトサルへ
到着後、アムリトサル市内観光
○黄金寺院
○ジャリヤンワーラ庭園
夕方 「ワガ国境」見学
(パキスタンとの国境地帯、ゲートで衛兵セレモニーが見学できる)
ホテル ゴールデンチューリップまたは同等クラス(アムリトサル泊)
食事 朝○ 昼○ 夕○
3 アムリトサル


ダラムシャーラー
午前 専用車にてアムリトサルを出発
陸路ダラムシャーラーを目指します
途中 「ヒマラヤのピラミッド」の異名をもつ「マスルール寺院」
夕方 ダラムシャーラー到着
ホテルへご案内
ホテル スーリヤリゾートまたは同等クラス(ダラムシャーラー泊)
食事 朝○ 昼○ 夕○
4 ダラムシャーラー
終日 ダラムシャーラー市内観光
○ナムギャル僧院
○ノルブリンガ・インスティテュート
○チベット難民村
○マクロードガンジ・マーケット
ホテル スーリヤリゾートまたは同等クラス(ダラムシャーラー泊)
食事 朝○ 昼○ 夕○
5 ダラムシャーラー
パランプール

マナリ
午前 専用車にてパランプールへ
○パランプール僧院
午後 専用車にてマナリへ
着後、ホテルへ
ホテル マヌアラヤ・リゾートまたは同等クラス(マナリ泊)
食事 朝○ 昼○ 夕○
6 マナリ

午前 専用車にてロタンパスへ(海抜3,980 メートル)
☆幻の高山植物観察と美しい景色をお楽しみください
※昼食はテイクアウトになります
夕方 ホテルへ戻ります
ホテル マヌアラヤ・リゾートまたは同等クラス(マナリ泊)
食事 朝○ 昼○ 夕○
7 マナリ 午前 専用車にてロタンパスの別のポイントに行き観光。
☆美しい花々と景色をお楽しみください
※昼食はテイクアウトになります
午後 オールドマナリへ
○オールドマナリフォート観光
○ヒンドゥー教寺院
○バザール散策
夕方 ホテルへ
ホテル マヌアラヤ・リゾートまたは同等クラス(マナリ泊)
食事 朝○ 昼○ 夕○
8 マナリ
シムラ
午前 専用車にてシムラ(海抜2,075 メートル)へ
午後 到着後、シムラ観光
○イギリス教会
○イギリス統治時代の住居・図書館
○バザール散策
ホテル ウッドビル・パレスまたは同等クラス(シムラ泊)
食事 朝○ 昼○ 夕○
9 シムラ
チャンディガール
午前 ヒマラヤ山脈をのぞむ列車の旅をおたのしみください
午後 専用車にてチャンディガールへ
着後ホテルへご案内
ホテル レモンツリーまたは同等クラス(チャンディガール泊)
食事 朝○ 昼○ 夕○[機内食]
10 チャンディガール


デリー
午前 チャンディガール観光
○ル・コルビュジェセンター
○美術館
観光後、専用車にてデリーへ(約7 時間)
夜 デリーから空路、成田へ。
ホテル (機内泊)
食事 朝○ 昼○ 夕○[機内食]
11 成田

朝 成田空港着。

食事 [機内食]

オーダーメイド手配 参考価格

※料金は、利用便、ホテル、ご人数、時期、内容、出発地などにより、大きく変わります。
 正式には、お見積いたしますので、お問い合わせください。
上記日程表の内容 
成田出発  全日空利用・エコノミークラス
2名様1室ご利用(部屋タイプ指定なし)
日本語ガイド+専用車(チップ込)観光・食事付

2016年 6月~2016年 9月(平日) 参考価格 お一人様あたり
 2名様でのご旅行 約27~28万円 6名様でのご旅行 約21~22万円 
 (空港諸税・燃油等別 2016年6月参考 約9,000円)